あんさんぶるスターズの美紗側ヒロインのこれから設定紹介公開予定のヒロインのちょっとしたまとめ的な記事になります。

以下オリジナル創作が大丈夫な方のみどうぞ!

 

※6/23 情報更新

 

 

 

*羽生 陽菜 (はにゅう ひな)

2年B組。バスケ部マネージャー・生徒会補佐。

Trickstar、Knightsの衣装担当。

一人称は「私」

時々「blossom」として活動する事も有り。

優しく天然でおっとり系な性格の女の子。恋を夢見るが鈍感。

面倒事を引き受ける事が多いが本人は苦だとは思っていない。

真緒落ち。

 

*佐倉 憂 (さくら うい)

1年A組。演劇部所属。

Knights、流星隊、2winkの衣装担当補佐。

一人称は「私」

時々「blossom」として活動する事も有り。作曲が得意でピアノが特技。

消極的で人見知りな性格。妹属性。根はやさしく純粋。

少し照れ屋で少々泣き虫。内気な性格をなおしたいと思っている。

司から想いを寄せられている。

レオ落ち。

 

*瀬戸内 乃彩 (せとうち のあ)

1年A組。軽音楽部所属。

ユニット「blossom」在籍。流星隊プロデューサー補佐。

一人称は「私」

しっかりした優しく甘えん坊な性格。優等生で頭がいい。

作曲、楽器演奏が得意で絶対音感持ち。

一度決めた事は貫く意思をもつ。

甘えたがりで皆から好かれ可愛がられるタイプ。

翠落ち。

 

*舞園 紗季 (まいぞの さき)

2年A組。テニス部マネージャー在籍。

ユニット「blossom」在籍。

一人称は「私」

明るく元気でしっかりものな女の子。ダンスが得意。

ぐいぐい引っ張っていくタイプ。男女問わず友達が多い。

明るくまぶしい笑顔がチャームポイント。

真落ち。

 

*黛 七海 (まゆずみ ななみ)

1年B組。手芸部・図書委員会所属。

ユニット「4Seasons」在籍。

一人称は「七海」

おしとやかでしっかりした優しい性格の大和撫子。実家が旧家のお嬢様。

てんぱったり怖かったりするとすぐに泣いてしまう泣き虫。

料理裁縫が大の得意。

みか落ち。

 

*橘 莉茉 (たちばな りま)

2年B組。弓道部所属。

ユニット「4Seasons」在籍。

一人称は「私」

真面目で控えめな性格の女の子。人の闇に敏感で思いやれる世話焼きさん。

照れ屋で、自分が褒められる事に慣れていない。褒められるとツンで返してしまう。

歌が上手く、歌を歌う事が何よりも大好き。

凛月落ち。

 

*雪染 ひまり (ゆきぞめ ひまり)

3年A組。紅茶部所属。

ユニット「4Seasons」在籍。

一人称は「私」

おっとりとしていて少しどじな所がある女の子。誰にでも優しく、敬語で話す。

いつも笑顔でにこにこなお姉さん。4Seasonsのリーダーでまとめ役。相手に尽くすタイプ。

趣味はお茶を淹れる事。得に紅茶系。

敬人落ち。

 

*坂神 楓月 (さかがみ かづき)

3年A組。海洋生物部・放送委員会所属。

ユニット「4Seasons」在籍。

一人称は「私」

しっかりした落ち着きのあるツンデレ系の女の子。サバサバした性格で皆を引っ張っていくタイプ。

他人に素直になれないのが悩みで、特に好きな相手に対して照れ隠しで意地を張ってしまう。

幽霊が大の苦手で、暗い所なども苦手。

ダンスと歌が得意。

薫落ち。

 

*篠宮 三葉 (しのみや みつは)

2年A組。ゲーム研究部所属。

Switchのプロデューサー。

「Snowdrop」在籍。

一人称は「三葉」

無口でクール系の女の子。しかし内面は優しく純粋。

目立たないタイプだが、アイドルの事が大好きで仕事好き。

口数は少ないが、的確な事を正直に言える性格。背が低い事が悩みで占いが趣味。

夏目落ち。

 

*小埜寺 瑚春 (おのでら こはる)

1年A組。空手部マネージャー。プロデューサー科。

流星隊衣装担当補佐とプロデューサー補佐。

一人称は「わたし」

いつも明るく笑顔が絶えない女の子。

誰に対しても敬語で話し、礼儀正しい一面も。

しかし体が強くなく、病弱でよく熱を出してしまう。

お菓子作りが趣味でよく差し入れを持っていくことも。

鉄虎落ち。

 

*卯月 市華 (うづき いちか)

2年B組。テニス部・放送委員会所属。

「Snowdrop」在籍。流星隊プロデューサー補佐。

ユニットでは歌詞担当で、作詞が得意。

一人称は「わたし」

天真爛漫で明るく、イタズラ好きな女の子。

三葉、美織とは親友。

可愛いものが大好きで、見ると目をキラキラと輝かせる。

忍を後輩として可愛がっている。忍を見かけると抱きしめる癖がある。

忍落ち。

 

*本条 美織 (ほんじょう みおり)

2年A組。演劇部所属。

fine衣装担当補佐とプロデューサー補佐。

「Snowdrop」在籍。

一人称は「私」

真面目で、クラスではあまり目立たない普通の女の子。

同じユニットの三葉と市華とは親友。

運動音痴で体育の授業が苦手。困った時の口癖は「はぅ…」。

演劇の脚本を書くのが好きで将来は脚本家を目指している。

渉落ち。

 

*有栖 奏音 (ありす かのん)

1年B組。手芸部所属。プロデューサー科。

一人称は「私」

一見クールビューティーな美少女だが少し気の強い性格の女の子。

いわゆるクーデレで、自分が照れると真っ赤になりながら反論する癖がある。

友達は七海と瑚春。七海とは部活仲間であり瑚春はプロデューサー科仲間で友達。

趣味はアンティークな小物などを集める事で、苦手な事は料理。

プライドが高く自分が信じた事は決して自分からは裏切らないしずっと信じる持論を持っている。

宗落ち。

 

 

詳細が出来次第アップしていきたいと思ってます。

あんスタノベルのオリジナルヒロインのキャラ関係をまとめた記事になります。
誰からどう思われているのか、ヒロインからはどう思われているのか、主に関わりのあるキャラについての紹介になります。

 

今まで語られなかった事も語られるかも…?
今回は羽生陽菜篇です。

 

 

*羽生陽菜

 

2-B在籍。心優しく穏やかで世話焼きな性格の女の子。
恋することが憧れで、初恋はまだであり後に真緒が初恋の相手になる事に。
ほわほわしている天然系。世話焼きで困っている人を見ると放っておけない。

ユニットの中では紗季をサポートしながらも、紗季と共にユニットの中心に立つ。それもあり人気が高い。

鈍感で一癖あるのだが、見た目は可愛く本人が知らないところでモテる。なので初恋を自覚していなかった。
裁縫、料理が得意でよく鼻歌を歌いながらキッチンに立つことが多い。
勉強の成績は上位の方だけどもスポーツは苦手。


ユニット「blossom」に在籍。
紗季から1年生の時にユニットに誘われ最初は遠慮していたが折れて在籍する事に。
真緒の繋がりでTrickStarの衣装作り担当。
同じく真緒繋がりで生徒会を手伝ったり、バスケ部のマネージャーをしている。

 

恋人は真緒。
1年前のクリスマスから真緒の事が気になりはじめ、恋をしている事を自覚する。
初めての恋で悩むも、真緒と一緒にいれるだけで嬉しくて楽しくて、ただ傍にいる、真緒を支えるだけでもいいと思っていたが、夏合宿の際、真緒から告白され恋人になる。

 

 


*関係人物

 

・衣更真緒
1年生の時から同じクラスであったが、中々会話するきっかけがなく真緒から話しかけた事で友達になる。

それ以前からクラスメイトであり少々目立つ存在である陽菜を気にかけていた。
陽菜が先生から頼まれていた仕事を一人でこなしていた時に助け船を出したのが真緒だった。
それから仲良くなり、真緒の請け負う仕事も手伝うようになり、TrickStarの衣装担当になることに。

 

距離が縮まったのは1年のクリスマスの時。
仕事で追われていた二人は帰りが遅くなり一緒に下校し、その際にお互いにクリスマスプレゼントを交換しクリスマスデートをした事もあった。これがきっかけでお互い意識するようになる。
お互い両想いなのに想いを伝えきれないままを過ごすがついに2年生の夏休みに晴れて恋人同士になる。


天然な陽菜に振り回されてからかわれる事もあるがそんな陽菜が可愛いと思っている様子。
恋人同士になってからはよく一緒に仕事をし真緒を手伝い、次期生徒会長である彼を支えようとしている。

 

 

・舞園紗季
陽菜の親友で、彼女をユニットに誘った人物。陽菜の親友。
明るい紗季が陽菜を引っ張っていく事が多い。天然な陽菜をフォローするのも紗季の役目。
紗季のリーダーっぷりと、しっかりしたところを陽菜は頼りにしていていて少しはしゃきすぎる紗季を止めるストッパーにもなっている。
紗季の恋人の真も、真緒と仲良しという事でよく一緒にWデートしていたりもする。
ちなみにblossomの衣装は陽菜と憂が主に請け負っている。

 

 

・氷室織姫&姫桜エイリーク
織姫の恋人・北斗が真緒と関わりがあるため仲がいい。
しっかり者の織姫と優しい陽菜の2人でクラスをまとめていることもしばしば。
織姫関わりでエイリークとも仲がよく、エイリークの事をよく心配する場面も多々ある。
生徒会での事件の時も、自分を守ってくれたエイリークを恩人だとも思っている。そしてあんな風にかっこよくも美しい人になりたいと密かに思ってもいるが、その事を真緒に打ち明けたら陽菜は陽菜の良さがあると優しく言われた事もあった模様。

 

 

・佐倉憂&瀬戸内乃彩
ユニット「blossom」の後輩二人。
二人の事を可愛い妹のような存在だと思っていて、憂と乃彩のお姉さん的存在。
憂とはよく一緒に衣装を作ったりしていて、憂のKnights衣装のお手伝いをしたりする事も多々ある。

人見知りな憂を助け、その人見知りを治すために憂を手伝ったりもしている。

乃彩からはかなり懐かれており、陽菜を見かけると抱きついてくるほど。
二人共陽菜にとっては可愛い後輩。ユニット4人はとても仲がいい。

 

 

・朔間凛月
真緒の幼馴染がある故に、知り合う事に。
二人が両想いなのもすぐに見抜き、そんな二人をからかって遊ぶ事が多い。
凛月曰く、照れて真っ赤になるま〜くんとひ〜ちゃんが面白いとの事。
面白いと思いつつも二人が早く付き合えばいいのに、と思っていた。
真緒にずっとくっついているため、陽菜もそこに加わり3人で一緒にいる事も結構あったが凛月が莉茉と付き合いはじめた事でその回数も少なくなっていった。が、それでも2人をからかうのは楽しくてやめられない。

 

 

・明星スバル&守沢千秋&高峯翠
バスケ部マネージャーという事で関わる事が多い。
スバルとは特にTrickStar繋がりや同じ学年という事で友達でありユニット仲間であり部活仲間。よくお金をせびられるが真緒がその都度止めている。
千秋からは妹みたいな存在で可愛がられており、マネージャーとして頼られている。そして天然だからか千秋の行動にのっていけたりもできる。
翠とはそんな千秋にのれる事が凄いと、頼られており、やる気を出さない翠に対し優しく接してあげたりと翠にとってはバスケ部で唯一安らげる存在となっている様子。

 

 

・天祥院英智&蓮巳敬人&姫宮桃李&伏見弓弦
生徒会のお手伝いをしているため面識有り。
英智からは真緒のお手伝い的存在として見られているが、よく働いてくれるので重宝がられている。
桃李と弓弦からは生徒会のメンバーとして受け入れられていて、桃李は優しい陽菜に甘える事もしばしば。弓弦とは同じクラスでよく教室でも会話をする仲。
敬人からは真緒と同様、一目おかれていて、真緒のパートナーとして信頼を受けている。ひまりが陽菜を妹のように可愛がっているため真緒も連れて一緒に出掛けたりすることも多い。

 

 

 

以上関わりがある子達の詳細でした。


真緒と陽菜の1年の頃の話とかは初出でしたかね。クリスマスデートの話はいつか書きたいなあと思ってます。
デートと言っても恋人同士ではない時の1年生の冬の時の話ですが。

情報は追記される事もあるかも?

あんさんぶるスターズ!オリジナルSSです。

オリジナルキャラ要素、オリジナル創作要素を含みますので注意してください。

 

 

・泉視点

・泉×桐乃

・前回のSS「夢をみたあとに」の泉視点

 

 

 

*君をさがして

 

 

 

まだよく思い出す、あの苦しくも愛しい日々

俺は今度こそ、守り通すんだ

大切な人をーー

 

 

泉「…来ない」

 

桐乃「まぁいつもの事…といえばいつもの事です」

 

 

今日はKnightsの打ち合わせの日

既に例の王さまを除いたメンバーは全員集まっており、当の本人を待つだけなのだが…

 

 

凛月「ねぇ…俺もう寝たいんだけど。打ち合わせないなら帰ってもいい〜?」

 

泉「ダメに決まってんでしょ。あの作曲バカはどこほっつき歩いてんだか」

 

嵐「あらあら泉ちゃん。そんなに怒っちゃ綺麗な顔が台無しよ?」

 

泉「なるくんは黙ってて」

 

司「あの…leaderを探しに出た方がいいのでは?」

 

泉「だねぇ…。かさくん、佐倉に連絡して居場所知らないか聞いてみてくれる?」

 

司「了解です」

 

泉「なるくんとくまくんはここで待機してて。もしかしたらバカが帰ってくるかもしれないし」

 

嵐「分かったわ」

 

凛月「は〜い」

 

泉「桐乃は、俺と一緒に来てくれる?」

 

桐乃「はい」

 

 

というわけで、俺と桐乃は二人同時に立ちあがり

あのバカを探すために歩き出したのだったーー

 

 

桐乃「いつも月永さんはどこにいるのか分からなくなってますわね。探すのが大変です」

 

泉「あいつほんとに神出鬼没だから。…2年前から相当苦労したっけ」

 

桐乃「確か入学されてからずっと友達…なんですよね?」

 

泉「まぁ腐れ縁みたいな感じかな。あいつとは…」

 

 

あの日のことが蘇る

あいつがどんどんと崩れていく様を、あいつを支えて守りきることができなかった様を

 

 

泉「俺は…どこでどう間違えたんだろうね…」

 

桐乃「泉さん…」

 

泉「まぁ今、こうやって考えても何も変わらないけどね。さ、あのバカを探すよ」

 

桐乃「はい…」

 

 

桐乃は少し不安そうな顔で俺を見ながら言葉を返した

少し心配させてしまっただろうか…

 

そう思うとじっとしてられなくて、思わず桐乃の手を握った

 

 

桐乃「い、泉さん?」

 

泉「今は校内だから、手を繋ぐだけ。校内デートしてるみたいでしょ?」

 

桐乃「……校内デート。ふふ、そうかもね」

 

 

少し赤くなりながら照れる桐乃を見て、やっぱり可愛いなと思う

俺の彼女は可愛い。そう改めて思ったのだ

 

繋ぐ手を絡めて、恋人繋ぎに

 

王さまを探しているというのに、しばらくはこのままでいたいと思ってしまう

俺は桐乃と出会って少し変わってしまったのかもしれない

でもそんな自分も悪くないし、桐乃も大好きなのだ

 

 

泉「ねぇ、桐乃。俺はね、あんたを絶対守るから。守り通して幸せにしてみせるから」

 

桐乃「泉さん…」

 

泉「もう大切な人が壊れていくのなんて見たくない。だから…いつまでもこうやって寄り添っていよう」

 

桐乃「ええ…泉さんとずっと一緒に…」

 

 

もう二度と絶対に傷付けさせない

あんたが大切だから、絶対にーー

 

 

 

イベント・追憶 モノクロのチェックメイト読了記念の泉くん視点でした。

レオとのことを一番悔いてるのは彼なんだろうなぁと。

今回のイベント、小説のライオンハートに繋がる話でだからこそああやって泉くんはレオのことを気にして、そしてレオの曲をずっと大切に持って聴いて…って思うとさらに辛いというか。その後悔があのゆうくんの事件にもつながるというのが更に。

 

泉くんも幸せになってもらいたいですね。

あんさんぶるスターズ!オリジナルSSです。

オリジナルキャラ要素、オリジナル創作要素を含みますので注意してください。

 

 

・レオ視点

・レオ×憂

・付き合いはじめた頃、秋のお話

 

 

 

*夢をみたあとに

 

 

 

ふ、と夢を見る

一番辛かったあの日の時の事を

 

"大好き"だったおれの大切な仲間達はおれのそばから去っていき

おれの"大好き"だった曲を誰も聞いてくれなくなって

 

おれは曲が書けなくなった

 

あの日の楽しい毎日はいつか終わりがくる。そうあいつ…英智は言ってたけど

ふ、となくなったあの日が

おれにとっては何気ない日常で、大切なものだったのだ

 

おれの大好きだったやつらは、おれのことが嫌いだったんだ

 

そんな苦しく寂しいあの日の過去の夢ーー

 

 

憂「レオ先輩…!」

 

レオ「…ん。お!なんだウイか!どうした?こんな所で」

 

憂「レオ先輩を探していたんです。瀬名先輩や桐乃さん、司くんもみんな探してたんですよ?」

 

レオ「そうだったのか、迎えに来てくれてありがとなウイ。ほらぎゅー」

 

憂「わわ…!いきなり抱きしめるのは…反則です////」

 

 

かわいいかわいいおれの大切な彼女を抱きしめる

まださっき見ていた夢がおれの中で大きく残っているから

 

少し寂しかったんだ

 

 

憂「レオ先輩…」

 

 

抱きしめた腕が少し震えているのに憂は気がついたのだろう

優しくおれの頭を撫でてくれる

その手がとても心地よい

 

 

憂「怖い夢でも見たんですか?…大丈夫です。私、レオ先輩の隣にいつもいますから」

 

レオ「ウイ…」

 

 

おれはまた強くウイを抱きしめる

いつの間にかこんなに大切な存在になっていた、とても大切で大好きで…

おれの生きる証、曲を書く意味、おれが存在しているすべての意味に繋がる

 

 

レオ「ウイ…ずっと、ずっと一緒にいて。お願い」

 

憂「はい…!」

 

 

即答で返ってくる嬉しい言葉

おれはまたその暖かい存在に身を委ねた

 

 

 

 

 

 

泉「あ。やっと見つけた。こんなところにいたの?探し回ったんだからねぇ」

 

レオ「セナじゃん!うっちゅ〜☆」

 

泉「はぁ…新曲の打ち合わせをするって言ってたでしょ?なるくんもくまくんもかさくんも待ってるんだからねぇ」

 

桐乃「憂も…月永先輩見つけたのなら引っ張って連れてきなさいよね」

 

憂「ご、ごめんなさい…!」

 

レオ「む。お前らもずっと一緒にいたんだろ?お互い様だ!」

 

泉「打ち合わせ時間は減っちゃったけど…まぁあいつらを待たせながら桐乃と校内デートできたことについては感謝、かなぁ」

 

桐乃「泉先輩////」

 

泉「照れてる桐乃もちょーかわいい♪」

 

桐乃「もう知らない!先にいきます!」

 

泉「ちょっと!じゃあ二人ともさっさと来なさいよねぇ」

 

憂「あ、はい…!」

 

泉「あと…佐倉」

 

憂「はい…」

 

泉「れおくんを…これからも見てあげて…ね」

 

憂「………はい!」

 

レオ「お前ら何顔近付けて話してんだ?ウイはおれのだからな!」

 

泉「はいはい。あんたの大好きな佐倉だもんね、取らないって。俺には桐乃がいるんだし」

 

レオ「むー…」

 

憂「レオ先輩、私はあなたが一番大好きですよ?」

 

レオ「……そっか、ありがとな、ウイ!なんだか霊感湧いてきた〜曲書くぞーー!!」

 

泉「これから打ち合わせだって言ってんでしょ!!??」

 

レオ「セナが怒った〜!」

 

 

大好きなお前がそばにいるだけで、それだけでいいんだ

だからずっとこれからもおれのそばで歌ってくれ、ウイ

 

 

 

 

 

イベント・追憶 モノクロのチェックメイトを読了したので。

レオさまには幸せになってほしい、好きな曲を書いて大好きな人達にそれを歌って、聞いてもらってそんな日々を過ごしてもらいたいです。

あんさんぶるスターズ!オリジナルSSです。

オリジナルキャラ要素、オリジナル創作要素を含みますので注意してください。

 

 

・レオ視点

・レオ×憂

・付き合ってからはじめての春

・月永レオ誕生日記念SS

 

 

 

*救世主は君の、ありがとう

 

 

 

大好きな人が出来て

大好きな人と想いを通わせる事ができて

 

はじめての誕生日がきたーー

 

 

レオ「ウイ〜。膝枕ーお願いー」

 

憂「あ、は、はいっ!」

 

レオ「そんなに緊張しなくてもいいぞ?ほらリラックス、リラックス。そしておれに膝枕してくれ!」

 

 

大好きな恋人と過ごすはじめての誕生日

ウイが一緒に過ごしたいと言ったので、おれの部屋で密かな誕生日パーティーを開いている

 

夜になれば他のKnightsのメンバーやらが誕生日パーティーをしにやって来るのでそれまでの2人きりの時間だ

 

 

憂「リラックス、できてます…か?」

 

レオ「あぁ、すっごく気持ちいい。ありがとな、ウイ」

 

 

そうやってウイの長い髪にさらりと触れる

真っ赤になるウイの顔を見るのはやめられない

本当に可愛くて可愛くて仕方が無い

 

お返しにとウイはそっとおれの髪を撫でてくれる

柔らかくその暖かい感触が気持ちよくて

 

ウイの膝枕の上で作曲をしようかと思っていたのだけど、それどころではなくなった

 

 

レオ「ウイ、あのな…」

 

憂「はい…」

 

レオ「おれ、ウイに出会えて、本当に良かった。お前がいなかったらおれは今、ここにこうやっていないかもしれない」

 

憂「レオ先輩…」

 

レオ「Knightsのあいつらと一緒にまたああやってステージに立てなかったかもしれない。お前がおれの曲を、歌を、ダンスを、ステージを見て、素直に凄いって素敵だって言ってくれたから。今のおれはここにいるんだと思う」

 

憂「私もです、レオ先輩がいてくれたから…作曲をする事もアイドルをする事も出来たんだと思います、私を救ってくれたのはレオ先輩で…だから私…」

 

レオ「ウイ?」

 

憂「レオ先輩が、好きになったんです…っ!」

 

 

そう言って、ウイの顔が近付いてきたかと思うと、降ってきたのはウイからのキス

 

いつもキスはおれからだから、ウイは相当の勇気を出したのだろう

誕生日だから、プレゼントだから、と

 

真っ赤になって恥ずかしさで涙目になっているウイの顔が目の前にいっぱいにうつる

 

本当に、可愛いやつだ

 

 

レオ「ウイ、可愛いぞ〜やっぱりお前はおれの最高のお姫様だっ!」

 

憂「わわっ、いきなり抱きつかないでください、恥ずかしいです////」

 

 

知ってるか?

ウイは俺の救世主であり、おれが守るべきお姫様だ

 

だからおれはお前をずっと、守っていくと誓おうーー

 

 

レオ「ありがとな、ウイ。世界で一番、愛してる」

 

憂「私も…愛して、ます」

 

 

今度はおれからのキスを大切なお姫様に贈る

大切な、大好きな、そんな気持ちを込めてーー

 

 

憂「レオ先輩…産まれてきてくれて、ありがとう…」

 

レオ「こちらこそ、愛してくれて、ありがとうな」

 

 

ーーそれは、大好きな人へ贈る、世界でたったひとつの愛の歌

 

 

 

 

 

※タイトルはボカロのDECO*27さんの「愛言葉供廚茲蝓レオさまにぴったりな曲だと思います。改めて、お誕生日おめでとう、レオさま!


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM